腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2022/10/22(土)

コルセットについて

カテゴリー:腰痛

 

こんにちは、今日はコルセットについてお話をしていきたいと思います。

  1. コルセットの役割
  2. どんな時にコルセットをすればいいの?
  3. いつまでコルセットをすればいいの?

の3つをお話ししていきます。

1コルセットの役割

腰痛でコルセットをすると楽になる方が多いと思いますが、コルセットは骨盤の安定性と腹圧を軽く高める効果があります。まずは骨盤の安定性については仙腸関節という箇所の動きを制限させることにより可動性を低下させ安定性を増すため動いた際に仙腸関節への負荷が減るとうことです。もう一つの腹圧がやや上がるですが、腹部に圧迫力が加わるので外側から中心部に向かって圧力がかかるため腹圧の上昇が見込めます。腹圧が上がると腰椎の安定性が増すので動作時にかかる腰椎のストレスを軽減してくれます。ただ、コルセットが緩んできたり長年使用して圧迫力が落ちてきたものに関しては圧力がかかるようにしっかりと締め直すか再度新しいものを購入した方かいいと思います。

2どんな時にコルセットをすればいいの?

結論から言うと、痛みが強く日常生活がままならない時です。炎症反応の強い初期(ぎっくり腰など、、、)には炎症反応が落ち着くまでは装着していてもいいでしょう。家事や仕事何かしら生活で動かなければいけないですから痛みを我慢してい動く必要なはいと思うのでその際はコルセットをした方かいいです。そして痛みが取れてきたら装着時間を短くして徐々に卒業していきましょう。そうでないとコルセットを手放せない体になります。次はそれについてお話をします。

3いつまでコルセットをすればいいの?

先ほども少し話しましたが、コルセットは痛みが減った段階で徐々に使用頻度を下げた方がいいです。たまに腰痛が怖くてコルセットを痛みのないのにずっとしている方も見受けられますがそのデメリットとして圧迫力が常に加わっているので内蔵器系の機能低下、腹筋・背筋の筋力低下などが見られます。そもそも腹圧は自身の筋力で補うのが理想です。年齢とともに運動をしなくなり筋力が落ちてきて腰痛を実感すること多いですよね?ボディビルダーみたいな筋力は一般の人たちは必要ないですがある程度の筋力は必要になっていきます。そうでないと腰痛や肩こりなどになりやすい身体作りになりますから。

 

日本も超高齢化が進み人生100年時代も言われています。健康なまま100年生きられたらどれだけ嬉しいか、痛みのない状態で100年過ごせたらどれだけ幸せか。整体院 樹 -itsuki-ではそのお手伝いを最後まで責任んをもって行っています。腰痛に苦しんでる方、どこに行っても良くならなかった方一度ご相談ください。整体院 樹 -itsuki-はあなたと真剣に向き合い、人生100年時代を楽しく生きられる身体作りを提供します。

 

埼玉県さいたま市浦和区

整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

04月30日(火)まで6名様限定割引 → 残り5名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。