腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/27(土)

腰部脊柱管狭窄症について

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

腰部脊柱管狭窄症の概要と症状

脊柱管狭窄症は、脊椎の加齢に伴う変化が原因で脊柱管や椎間孔が狭くなり、神経組織が圧迫される病態です。本記事では、腰部脊柱管狭窄症の概要と代表的な症状について詳しく解説します。

 

    1. 脊柱管狭窄症とは
  1. 脊柱管狭窄症の定義と特徴
  2. 脊柱管狭窄症のメカニズム
  3. 脊柱管狭窄症の主な症状
  4. 脊柱管狭窄症による腰痛と下肢症状の関連性
  5. 脊柱管狭窄症に伴う神経障害とその影響
  6. 脊柱管狭窄症の施術方針

1 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、脊柱管内の神経組織や血管が圧迫されることによって引き起こされる疾患です。主な原因は加齢による退行性変性であり、黄色靱帯の肥厚や骨棘形成などの変性変化が関与します。この病態が進行すると、背部・臀部・下肢痛や痺れ、歩行障害などの症状が現れ、日常生活に影響を与えることがあります。

2 脊柱管狭窄症の定義と特徴

脊柱管狭窄症は、脊柱管内のスペースが狭まり、神経や血管に圧迫がかかることで生じる疾患です。特徴として、神経症状、間欠性跛行、活動制限、段階的な進行性、特定の場所での症状などが挙げられます。

3 脊柱管狭窄症の原因とメカニズム

脊柱管狭窄症の原因として、加齢、変形性脊椎症、外傷、先天的異常などがあります。これらの原因が、脊柱管の狭窄や神経組織の圧迫を引き起こし、症状を生じさせるメカニズムがあります。

4 脊柱管狭窄症の主な症状

脊柱管狭窄症の主な症状は腰痛、下肢のしびれや痺れ、歩行障害などです。これらの症状は、病態の部位や程度によって異なり、患者の日常生活に影響を与えることがあります。

5 脊柱管狭窄症による腰痛と下肢症状の関連性

腰部脊柱管狭窄症では、神経、血管の圧迫により腰痛が生じ、下肢に症状が放射されることがあります。これは、脊柱管内の組織に加わる圧力が下肢への症状に影響を与える結果です。

6 脊柱管狭窄症に伴う神経障害とその影響

脊柱管狭窄症による神経障害は、神経組織の圧迫によって引き起こされます。これにより、痛み、感覚異常、筋力低下、歩行障害などの症状が生じ、患者の日常生活や身体機能に影響を与えることがあります。

7 脊柱管狭窄症の施術方針

脊柱管狭窄症の施術方針として、身体評価、運動療法、姿勢改善、手術の回避などがあります。運動療法や運動指導は特に重要であり、筋力や柔軟性の改善、痛みの緩和、姿勢や重心の改善に役立ちます。

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。