腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/15(月)

脊柱管狭窄症はどんな年代になりやすいか

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症は、加齢によって起こる病気であるため、特に高齢者に多く見られます。厚生労働省の調査によると、50歳代から徐々に患者数が増え始め、60~70歳代にピークを迎えます。

男女比は2:1で男性に多く全国に約150万人の患者がいると推定されています。

脊柱管狭窄症の発症には、加齢以外にも以下の要因が関係していると考えられています。

  • 背骨の病気(椎間板ヘルニア、すべり症、側弯症など)
  • 肥満
  • 骨粗鬆症
  • 筋力低下

など

これらの要因によって、背骨や椎間板、靭帯などが変形しやすくなり、脊柱管狭窄症のリスクが高くなります。

**以下のような人は、脊柱管狭窄症になりやすいので、注意が必要です。

  • 50歳以上
  • 男性
  • 背骨の病気を持っている
  • 肥満
  • 骨粗鬆症
  • 運動習慣が全くない

**もし、これらの項目に当てはまる場合は、普段から以下の点に注意して、脊柱管狭窄症の予防を心がけましょう。

  • 適度な運動をする
  • 体重管理をする
  • 正しい姿勢を保つ

**また、下肢の痛みやしびれなどの症状を感じることがあります。

その際は当院へ一度ご相談ください。

さいたま市浦和区

整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。