腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/20(土)

脊柱管狭窄症の症例

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症に運動療法が有効な例:3つの症例

脊柱管狭窄症は、加齢や骨変形などによって脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで起こる疾患です。

主な症状は、以下の通りです。

  • 間歇性跛行: 歩いていると、お尻や太ももの辺りに痛みやしびれがあり、歩けなくなる症状
  • 腰痛
  • 下肢痛
  • 下肢筋力低下
  • 排尿障害

脊柱管狭窄症は、高齢者多く発症する疾患です。

近年では、若年者の発症も増加しています。

脊柱管狭窄症の治療法としては、保存療法手術療法があります。

保存療法としては、薬物療法理学療法運動療法などがあります。

手術療法としては、椎間板切除術椎弓拡大術などがあります。

運動療法は、脊柱管狭窄症の保存療法における重要な柱です。

運動療法によって、以下の効果が期待できます。

  • 痛みの軽減
  • 下肢筋力の強化
  • 柔軟性の向上
  • 日常生活動作の改善
  • 再発防止

以下では、運動療法によって症状が改善した脊柱管狭窄症の症例を3つ紹介します。

症例1:70代男性

  • 症状: 間歇性跛行、腰痛、下肢痛
  • 効果: 間歇性跛行症状の消失、腰痛・下肢痛の軽減、歩行距離の増加
  • 期間: 3ヶ月

症例2:60代女性

  • 症状: 間歇性跛行、腰痛、下肢痛
  • 効果: 間歇性跛行症状の消失、腰痛・下肢痛の軽減、歩行距離の増加
  • 期間: 6ヶ月

症例3:50代男性

  • 症状: 間歇性跛行、腰痛、下肢痛、下肢筋力低下
  • 効果: 間歇性跛行症状の消失、腰痛・下肢痛の軽減、下肢筋力低下改善、歩行距離の増加
  • 期間: 2ヶ月

これらの症例にはすべて当院で行う脊柱管狭窄症に特化した運動療法を実施しました。運動療法は、脊柱管狭窄症症状改善有効です。また、専門家の指導のもと正しい運動を行うことが大切になります。

毎日少しずつでも運動を続けることで、効果的に症状を改善することができます。

脊柱管狭窄症でお困りの方は、当院での運動療法検討してみてはいかがでしょうか。

その他

  • 運動療法は、すべての脊柱管狭窄症患者に有効とは限りません。
  • 運動療法継続することが重要です。

詳しくはこちらへ

https://urawa-seitai-itsuki.com/sekichukan/

北浦和駅から徒歩10分
浦和駅から徒歩12分

さいたま市浦和区
整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。