腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/14(日)

脊柱管狭窄症について

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症について解説

最近、歩いていると足が痛くなったり、しびれたりすることがありませんか?

そんな症状があれば、もしかしたら「脊柱管狭窄症」かもしれません。

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊柱管が狭くなることで、下肢の痛みやしびれなどの症状が現れる病気です。特に高齢者に多く見られます

このページでは、脊柱管狭窄症について、説明します。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、背骨の中にある脊柱管という神経の通り道が狭くなる病気です。

背骨は、椎骨と呼ばれる骨が連なってできています。椎骨と椎骨の間には、椎間板という軟骨があり、これがクッションの役割を果たしています。また、椎骨の後ろ側には、黄色靭帯という靭帯があります。

加齢などによって、椎間板が突出し(椎間板ヘルニア)、または黄色靭帯が肥厚したり、骨が変形したりすると、脊柱管が狭くなります。

**脊柱管が狭くなると、中の神経が圧迫され、以下のような症状が現れます。

  • 下肢の痛みやしびれ(間歇性跛行)
  • 腰痛
  • おしりの痛み
  • 下肢の脱力感
  • 排尿障害など

症状は、歩いたり立ったりした時に悪化し、座ったり横になったりすると改善することが多いのが特徴です。

脊柱管狭窄症は、特に高齢者に多く見られます。これは、加齢によって椎間板や黄色靭帯が変性しやすくなるためです。

治療法としては、保存療法手術療法があります。

当院では保存療法での施術になりますので、手術をせず改善するなら当院をご利用ください。

脊柱管狭窄症は、日常生活に支障をきたすこともある病気ですが、適切な治療を受けることで症状を改善することができます

もし、下肢の痛みやしびれなどの症状でお困りの場合は、一度当院にご相談ください。

さいたま市浦和区

整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。