腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/19(金)

すべり症による脊柱管狭窄症について

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

腰椎すべり症による脊柱管狭窄症

腰椎すべり症による脊柱管狭窄症は、腰椎が前方へすべって脊柱管が狭くなることで起こる病気です。

原因

  • 加齢による骨や軟骨の変性: 加齢とともに、背骨の骨や軟骨が変性し、弱くなります。
  • 過去の腰椎のケガ: 過去の腰椎のケガによって、背骨が不安定になり、すべりやすくなります。
  • 遺伝: 遺伝的に腰椎すべり症になりやすい人もいます。
  • 肥満: 肥満は、背骨に負担をかけ、すべり症の原因となります。

症状

  • 腰痛: 腰に痛みがあります。
  • 下肢痛: 太ももやお尻、ふくらはぎに痛みやしびれがあります。
  • 間歇性跛行: 歩いていると、お尻や太ももの辺りに痛みやしびれがあり、歩けなくなる症状です。
  • 下肢筋力低下: 足の力が弱くなります。
  • 排尿障害: 重症の場合は、排尿障害や便失禁などの症状が現れることもあります。

診断

  • 症状: 腰痛や下肢痛などの症状を問診
  • 身体検査: 腰の動きや筋力などを検査
  • 画像検査: X線、CT、MRIなどの画像検査で、腰椎の状態を検査

治療

  • 保存療法:
    • 薬物療法: 痛み止めや筋肉弛緩剤などの薬を服用
    • 理学療法: 温熱療法、電気療法、マッサージなどの理学療法を行う
    • 運動療法: ストレッチや筋力トレーニングなどの運動療法を行う
    • 装具療法: コルセットなどの装具を着用する
  • 手術療法: 保存療法で効果が得られない場合や、症状が重症の場合は、手術を行う

予防

  • 適度な運動: ウォーキングや水泳などの有酸素運動や、ストレッチを定期的に行う
  • 正しい姿勢: 猫背や反り腰などの悪い姿勢を改善する
  • 長時間の座位を避ける: 長時間座る場合は、適度に立ち上がって体を動かす
  • 肥満を解消する: 肥満の人は、体重を減らすことで、背骨への負担を軽減することができます。

腰椎すべり症による脊柱管狭窄症は、適切な治療によって改善することができます。

腰痛下肢痛などの症状でお困りの方は、一度当院にご相談ください。

その他

  • 腰椎すべり症による脊柱管狭窄症は、高齢者多く発症すると言われています。
  • 腰椎すべり症による脊柱管狭窄症は、再発しやすい疾患です。
  • 腰椎すべり症による脊柱管狭窄症は、日常生活に支障をきたす可能性があります。

詳しくはこちらへ

https://urawa-seitai-itsuki.com/sekichukan/

北浦和駅から徒歩10分
浦和駅から徒歩12分

さいたま市浦和区
整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。