腰痛でお困りなら浦和区の整体院 樹-itsuki-

ブログ

2024/04/19(金)

梨上筋症候群による坐骨神経痛について

カテゴリー:坐骨神経痛

 

梨状筋症候群について

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)は、坐骨神経が梨状筋(お尻の筋肉)によって圧迫されることで起こる疾患です。主な症状は、お尻や太もも裏、ふくらはぎにかけての痛みやしびれです。

症状

  • 坐骨神経痛: お尻から足にかけての痛みやしびれ
  • 梨状筋痛: お尻の奥側の痛み
  • 下肢筋力低下: 足の力が弱くなる
  • 感覚障害: 足の感覚が鈍くなる
  • 歩行困難: 長時間歩くと痛みが強くなる
  • 座位痛: 座っていると痛みが強くなる

原因

  • 梨状筋の緊張: 長時間の座位や運動不足、骨盤の歪み、過去のケガなどが原因で、梨状筋が緊張し、坐骨神経を圧迫する
  • 骨格の歪み: 骨盤や背骨の歪みによって、梨状筋に負担がかかり、坐骨神経を圧迫する
  • 筋肉のバランスの悪さ: 体幹や下半身の筋肉のバランスが悪いと、梨状筋に負担がかかり、坐骨神経を圧迫する

診断

  • 症状: 坐骨神経痛や梨状筋痛などの症状を問診
  • 身体検査: 梨状筋の圧痛や筋力低下などを検査
  • 画像検査: MRIやCTなどで、梨状筋の状態や坐骨神経の状態を検査

治療

  • 保存療法:
    • 薬物療法: 痛み止めや筋肉弛緩剤などの薬を服用
    • 理学療法: 温熱療法、電気療法、マッサージなどの理学療法を行う
    • 運動療法: ストレッチや筋力トレーニングなどの運動療法を行う
    • 日常生活指導: 長時間の座位を避ける、正しい姿勢を保つなどの日常生活指導を行う

予防

  • 適度な運動: ウォーキングや水泳などの有酸素運動や、ストレッチを定期的に行う
  • 正しい姿勢: 猫背や反り腰などの悪い姿勢を改善する
  • 長時間の座位を避ける: 長時間座る場合は、適度に立ち上がって体を動かす

梨状筋症候群は、適切な治療によって改善することができます。

坐骨神経痛梨状筋痛などの症状でお困りの方は、一度当院にご相談ください。

その他

  • 梨状筋症候群は、女性男性よりも多く発症すると言われています。
  • 梨状筋症候群は、再発しやすい疾患です。
  • 梨状筋症候群は、日常生活に支障をきたす可能性があります。

↓詳しくはこちらへ

https://urawa-seitai-itsuki.com/zakotsu/

北浦和駅から徒歩10分
浦和駅から徒歩12分

さいたま市浦和区
整体院 樹 -itsuki-

 

 

 

 

通常初回施術費10,000円のところ

初回特別価格1,980円
(税込)

05月31日(金)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-6310-4698

【受付時間】8時〜20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。